おっさんになると気になる体臭、加齢臭、ワキガ、目の疲れ、ダイエット対策など

menu

おっさん対策、加齢臭、ワキガ臭に負けない方法

ワキガかどうかチェック方法とワキガ対策など基礎知識

ワキガというのは、脇に存在するアポクリン汗腺から生じる汗によって発生する悪臭全般の症状のことを指します。

このワキガの臭いは、本人が気づかないうちに周囲の人に迷惑をかけてしまっている可能性があります。

普通、汗をだすときにはエクリン汗腺という汗腺から汗が生じるのですがこの汗は健康的で何の問題もありません。普通の汗として脇の下から汗が出てきたとしても何のニオイもありません。これは、汗が持っている本来の目的をきちんと果たしているからに他なりません。

元々、汗は人間の代謝機能や自律神経を整える働きを持っています。汗を出すことによって身体に存在している必要のない老廃物を外部に排出する働きが生まれて、身体機能を向上させる体内物質が大量に出てきます。ですから、本来は汗を出すことそのものに何の違和感も感じる必要はないのです。

ところが、アポクリン汗腺から生じるワキガのニオイを生じさせる汗には、本来ならば含まれていないタンパク質などの成分が含まれています。ワキガで悪臭を感じるのは、アポクリン汗腺から普通ではない汗が出ているからです。

タンパク質などの通常の生活で必要な汗が出てしまいますので、ワキガを発症させている人は慢性的に体調が悪かったり、疲労感に襲われることが多いです。

アポクリン汗腺から生じる汗は着色をしますので、普通の汗との違いを素人であっても目視で確認することが可能です。

ストレスなどによって緊張し、その影響で汗が出てしまった時にはまず脇の下の部分の汗の色を確認します。この時に、黄色い着色が付いていた場合にはワキガの可能性があります。

脇の下のニオイがきつくなるのは、脇の部分には他の部分と違ってより雑菌が繁殖しやすい環境のためです。ワキガの疑いがある場合は、とりあえずは、デオドラント系のウェットティッシュなどで脇の下を清潔にして、ワキガ対策クリームなどを検討してみましょう。

ニオイがつらいワキガの原因は?

気になるわきがの原因は、わきが体質の遺伝です。

ただわきが体質を遺伝したからといって、すべてのひとがわきがになるわけではありません。ただ生活習慣や肥満などの要因が絡み合うと、ワキガの症状を重くしてしまう可能性がありますので注意が必要です。

においの原因となるのは、わきにあるアポクリン腺とエクリン腺という2種類の汗腺と皮脂腺の3つがあり、これらの分泌物が、肌に住む常在菌に分解され、その際に発生するのが独特のワキガ臭となります。

特に、アポクリン腺からでる汗が、独特のにおいを発生するので、アポクリン腺が遺伝によって生まれつき多い人は、ワキガ体質の可能性があります。

においの原因がアポクリン腺から出た汗と説明しましたが、強いにおいの原因は、遺伝だけではなく、生活習慣によってにおいが強くなったり、症状が重くなったりすることがあります。

たとえば、

・脂っこい食べ物や肉類、バターやチーズなどの動物性タンパク質の摂りすぎは、アポクリン腺が刺激されて、アポクリンせんから分泌する汗が増えて、より強いにおいとなります。

・ストレスを感じると、アドレナリンの分泌によって汗腺が刺激され、アポクリン腺からの汗の量も増えます。運動などででる汗はニオイのないエクリン腺からの汗ですが、不安や緊張でかく汗はアポクリン腺からの汗になるので、ストレスはニオイを増殖させてしまいます。

・肥満の人は、やせている人よりも皮下脂肪が多く、体内の熱を放出しにくくなります。そのため、体温が下がりにくく、体温を下げるために大量の汗をかくため、ニオイの強い汗をたくさんかく傾向があるといえます。

ワキガの可能性があるかどうかのセルフチェックをまとめてみました。

ワキガかどうか簡単セルフチェック

ワキガイメージ

ワキガは、アポクリン腺という汗腺が通常の人より多いことで特有のにおいを発します。

臭いは、人によって異なりますが、ネギのにおいや鉛筆のにおい、ゴボウのにおいや納豆のにおい、酢のにおいや古びた洗濯ばさみのにおいなど様々です。臭いを発する部位はわきだけでなく、性器や乳輪などもあります。

しかし、自分自身のにおいを嗅ぎ分けることは難しいとされています。ワキガの症状が軽度であったり、自分のにおいに慣れてしまって自覚できていないケースもあります。

においの悩みはとてもデリケートな問題のため、他人に聞いたりチェックしてもらうことは難しいです。汗の量が多かったり、わきから変なにおいがしたということだけでは、わきが体質という訳ではありません。

そこで、自分がわきが体質であるかどうかを知るためのセルフチェックの方法を紹介します。セルフチェックには5つの項目があるので、自分に当てはまるか確認しながら見てください。

1.耳垢が湿っているかどうか
耳の中にはアポクリン腺が多く存在します。耳の中のアポクリン腺が多く耳垢が湿っているということは、わきのアポクリン腺も多い可能性があります。わきが体質の方の多くは耳垢が湿っています。

2.洋服に黄色い黄ばみがあるかどうか
アポクリン腺から出る汗に含まれる成分が、服に付着することで黄ばみができます。アポクリン腺から出る汗には、アンモニアや脂質、タンパク質や糖質などの成分を含んでいて、やや粘り気があることが特徴です。

3.わきに汗をかきやすいか
季節や精神状態に関係なく、わきに粘り気のある汗をかく場合。

4.わき毛に白い粉がついているか
何もつけていないのに白い粉がわきにつく原因は、アポクリン腺からの分泌物です。分泌物が結晶になることで白い粉のようなものになります。

5.片親もしくは両親がわきが体質であるかどうか
100%ではないものの遺伝性があります。

これらのセルフチェックでいくつか当てはまる項目があれば、ワキガ体質の疑いがあります。

ワキガの主な治療方法、軽度なら外用薬も効果的!

ワキガは、制汗剤がなかなか効かないことも少なくなく、特に夏になると臭いが強くなりがちなため、深刻に悩む人が多くいます。脇毛の脱毛をし、汗をこまめにふき取り、そのたびに市販の制汗剤を使用する、食事内容に気をつける、などをきちんと実行しても、なかなか効果が出ないことも多いようです。

一生続くことなので、思い切って手術を受ける人もいますが、傷跡などが気になり、なかなか踏み切れない場合も多いものです。ワキガが比較的軽い場合は、ボトックス注射をするという治療方法が考えられます。脇の下に注射器で、汗腺が汗を分泌するのを抑える薬を注入するという方法で、時間も5分から10分程度しかかかりません。薬の効果は半年から1年ほど続きます。これには保険が適用され、3万円ほどかかるようです。痛みもほとんどなく、痕も残りません。汗の量がかなり減るため、それによって臭いの発生を抑えられます。

ただ、重度のわきががある場合は、少量でも汗が出れば臭いは発生してしまいますので、不十分と感じられる場合もあるようです。臭いが完全に抑えられるなら、半年か一年ごとに注射を繰り返すのをいとわない人は多いでしょうが、悩ましいところです。

近年はレーザー治療も行われるようになってきました。レーザー治療には、ミラドライとレーザー・デオドラントの2種類の方法があります。これらは汗腺にレーザーを照射し、その熱で破壊する方法で、所要時間は5分程度です。痛みはほぼなく、痕も残らないようです。費用は保険適用ではないのでさまざまですが、15万円ほどかかる場合もあります。効果は半永久的に続きますが、相当重度のわきがの場合は、再発することもあります。

こうした高額な費用の掛かる方法ではなく、ワキガ対策クリームやワキガ対策のサプリメントを用いることも考えられます。制汗剤と違い、特に医薬部外品の塗り薬は、厚生労働省が認可しているワキガ臭を抑制する成分が入っているため、効果がかなり高いようです。

ワキガを根本から治療する手術の方法とメリット・デメリット

臭い対策OK

ワキガと言うのは腋臭と呼ばれている臭いが特徴ですが、腋臭の臭いには個人差が在ります。しかし、臭いの差というのは症状の差でもあり、強く臭う人は重度の症状、臭いが弱いけれども腋臭だと解る場合には軽度の症状などと言われています。

ワキガの治療の方法には剪徐法と呼ばれている手術法が在ります。剪徐法は外科的手術を伴うワキガ治療法で、傷跡が残る事と麻酔を使う事などのデメリットが在ります。

因みに、ワキガと言うのはアポクリン腺と呼ばれる汗が分泌される汗腺組織が在り、ここから分泌される汗と、皮膚に存在している常在菌と混ざる事で分解が行われ、その結果腋臭と言う形になるのが特徴で、手術によるわきが治療はアポクリン腺を切除する方法で行われるのが特徴です。

切除する場合には脇の下の一部を、メスを使って切開が必要になるので麻酔をしなければなりません。妊娠中の女性や小さな子どもなどは麻酔におけるリスクが在るため、治療が出来ない事も在ります。

また、切開をした後に皮膚を裏返しの状態にしてアポクリン腺を外科用のハサミを使って切除するため、医師の技術が必要になるなどの特徴が在ります。但し、綺麗に切除することで再発が起こり難いと言うメリットが在るため、現在のワキガ治療法の中では有力とも言われています。

しかしながら、ワキガの症状が重度の場合には効果が在るのが剪徐法で在り、軽度の症状の場合では手術を行った後の効果における判断がし難い事も在り、病院の中には症状の度合いに応じて別の治療法を勧めるケースも在ると言われています。

尚、最近は切らずに治すことが出来ると言われている方法も注目を集めているのですが、これはマイクロ波を肌に照射させることでわきがの原因となる汗腺組織の機能を停止させる作用が在るため、汗の分泌が起こり難くなり、症状を治すことが出来ると言うメリットが在ります。

また、マイクロ波を照射するだけなので、麻酔を使う事もなければメスを使わないため、多くの症状を治せるなどのメリットも在ります。