ワキガかどうかチェック方法とワキガ対策など基礎知識

ワキガというのは、脇に存在するアポクリン汗腺から生じる汗によって発生する悪臭全般の症状のことを指します。

このワキガの臭いは、本人が気づかないうちに周囲の人に迷惑をかけてしまっている可能性があります。

普通、汗をだすときにはエクリン汗腺という汗腺から汗が生じるのですがこの汗は健康的で何の問題もありません。普通の汗として脇の下から汗が出てきたとしても何のニオイもありません。これは、汗が持っている本来の目的をきちんと果たしているからに他なりません。

元々、汗は人間の代謝機能や自律神経を整える働きを持っています。汗を出すことによって身体に存在している必要のない老廃物を外部に排出する働きが生まれて、身体機能を向上させる体内物質が大量に出てきます。ですから、本来は汗を出すことそのものに何の違和感も感じる必要はないのです。

ところが、アポクリン汗腺から生じるワキガのニオイを生じさせる汗には、本来ならば含まれていないタンパク質などの成分が含まれています。ワキガで悪臭を感じるのは、アポクリン汗腺から普通ではない汗が出ているからです。

タンパク質などの通常の生活で必要な汗が出てしまいますので、ワキガを発症させている人は慢性的に体調が悪かったり、疲労感に襲われることが多いです。

アポクリン汗腺から生じる汗は着色をしますので、普通の汗との違いを素人であっても目視で確認することが可能です。

ストレスなどによって緊張し、その影響で汗が出てしまった時にはまず脇の下の部分の汗の色を確認します。この時に、黄色い着色が付いていた場合にはワキガの可能性があります。

脇の下のニオイがきつくなるのは、脇の部分には他の部分と違ってより雑菌が繁殖しやすい環境のためです。ワキガの疑いがある場合は、とりあえずは、デオドラント系のウェットティッシュなどで脇の下を清潔にして、ワキガ対策クリームなどを検討してみましょう。

ニオイがつらいワキガの原因は?

気になるわきがの原因は、わきが体質の遺伝です。

ただわきが体質を遺伝したからといって、すべてのひとがわきがになるわけではありません。ただ生活習慣や肥満などの要因が絡み合うと、ワキガの症状を重くしてしまう可能性がありますので注意が必要です。

においの原因となるのは、わきにあるアポクリン腺とエクリン腺という2種類の汗腺と皮脂腺の3つがあり、これらの分泌物が、肌に住む常在菌に分解され、その際に発生するのが独特のワキガ臭となります。

特に、アポクリン腺からでる汗が、独特のにおいを発生するので、アポクリン腺が遺伝によって生まれつき多い人は、ワキガ体質の可能性があります。

においの原因がアポクリン腺から出た汗と説明しましたが、強いにおいの原因は、遺伝だけではなく、生活習慣によってにおいが強くなったり、症状が重くなったりすることがあります。

たとえば、

・脂っこい食べ物や肉類、バターやチーズなどの動物性タンパク質の摂りすぎは、アポクリン腺が刺激されて、アポクリンせんから分泌する汗が増えて、より強いにおいとなります。

・ストレスを感じると、アドレナリンの分泌によって汗腺が刺激され、アポクリン腺からの汗の量も増えます。運動などででる汗はニオイのないエクリン腺からの汗ですが、不安や緊張でかく汗はアポクリン腺からの汗になるので、ストレスはニオイを増殖させてしまいます。

・肥満の人は、やせている人よりも皮下脂肪が多く、体内の熱を放出しにくくなります。そのため、体温が下がりにくく、体温を下げるために大量の汗をかくため、ニオイの強い汗をたくさんかく傾向があるといえます。

ワキガの可能性があるかどうかのセルフチェックをまとめてみました。

ワキガかどうか簡単セルフチェック

ワキガイメージ

ワキガは、アポクリン腺という汗腺が通常の人より多いことで特有のにおいを発します。

臭いは、人によって異なりますが、ネギのにおいや鉛筆のにおい、ゴボウのにおいや納豆のにおい、酢のにおいや古びた洗濯ばさみのにおいなど様々です。臭いを発する部位はわきだけでなく、性器や乳輪などもあります。

しかし、自分自身のにおいを嗅ぎ分けることは難しいとされています。ワキガの症状が軽度であったり、自分のにおいに慣れてしまって自覚できていないケースもあります。

においの悩みはとてもデリケートな問題のため、他人に聞いたりチェックしてもらうことは難しいです。汗の量が多かったり、わきから変なにおいがしたということだけでは、わきが体質という訳ではありません。

そこで、自分がわきが体質であるかどうかを知るためのセルフチェックの方法を紹介します。セルフチェックには5つの項目があるので、自分に当てはまるか確認しながら見てください。

1.耳垢が湿っているかどうか
耳の中にはアポクリン腺が多く存在します。耳の中のアポクリン腺が多く耳垢が湿っているということは、わきのアポクリン腺も多い可能性があります。わきが体質の方の多くは耳垢が湿っています。

2.洋服に黄色い黄ばみがあるかどうか
アポクリン腺から出る汗に含まれる成分が、服に付着することで黄ばみができます。アポクリン腺から出る汗には、アンモニアや脂質、タンパク質や糖質などの成分を含んでいて、やや粘り気があることが特徴です。

3.わきに汗をかきやすいか
季節や精神状態に関係なく、わきに粘り気のある汗をかく場合。

4.わき毛に白い粉がついているか
何もつけていないのに白い粉がわきにつく原因は、アポクリン腺からの分泌物です。分泌物が結晶になることで白い粉のようなものになります。

5.片親もしくは両親がわきが体質であるかどうか
100%ではないものの遺伝性があります。

これらのセルフチェックでいくつか当てはまる項目があれば、ワキガ体質の疑いがあります。

ワキガは遺伝?

日本人にとっては、非常に大きなコンプレックスとなり得る「ワキガ」ですが、世界的に見れば体質を持っている人の割合は比較的多いです。日本人を含め、アジア人は比較的体質保持者が少ないのですが、だからと言って「ワキガは悪」だと決めつけてしまっては社会生活を円滑に進めることができなくなってしまうこともあります。日本人には忌み嫌われるワキガ、遺伝によって移ると言われていますが本当のことなのでしょうか。

ワキガの原因となるのは、「アポクリン汗腺から分泌される汗(アポクリン汗)」です。人体から発される汗と呼ばれる物質には種類があり、そのうちの一つであるアポクリン汗が皮膚にいる細菌を増殖させることで悪臭が発せられるようになります。アポクリン汗腺の数は個人差があり、汗腺の数が多い人ほどワキガになる可能性が高いのですが、このアポクリン汗腺の数が遺伝によって引き継がれると言われています。

ただし、これは100%医学的に証明されているわけではありません。「遺伝によって移る可能性がある」または「その可能性が高い」という段階までは言われているものの、確実に遺伝によって体質が伝播するという確証を得られているわけではありません。実際に遺伝していると考えられる親子もいれば、いずれか一方のみがワキガ体質を持っている場合もあります。

遺伝するかどうかを証明することはできないものの、少なくとも「遺伝する可能性がある」と言われている以上は、確実に医学的に可能性の有無がはっきりと解明されるまでは、「もしかすると」と考えていた方が賢明です。そして、ワキガ臭が発せられることを抑制するために、制汗剤などで汗を管理したり、手術で汗腺を除去するなどの対策を講じるようにしましょう。

すそわきがとは?

すそわきがとは、VIOラインから発生する臭いです。

すそわきがとなる原因はいくつか存在しています。その中でも最大の原因とされているものが雑菌です。陰部にはアポクリン汗腺と呼ばれる汗腺がありますが、この汗腺は脂肪酸や鉄分、尿素など、様々なものが混ざった汗を出す特徴があります。
この汗腺から分泌される分泌物を好む雑菌が存在し、汗などで蒸れている下着の中でこの雑菌が発生したり繁殖することにより、すそわきがの独特のにおいが生まれてしまいます。

そして体質からすそわきがの原因になっている可能性もあります。とくに汗をよくかく人は注意が必要です。汗をよくかく人は、当然のことながら下着の中でも汗をかいているでしょう。この状態を放置することにより、下着の中に雑菌が発生し、繁殖する原因を作ってしまいます。そして動物性脂肪を含んだ食べ物や、においの強い食べ物が好きでよく食べるという人は、この食生活がすそわきがの原因となっていることもあります。

すそわきがの対策としては一番大切なことは陰部を清潔に保つことです。外陰部は非常に汚れやすい場所であり、さらには洗いにくいので、どうしても垢がたまりやすくなってしまいます。陰部を十分に洗えずにいると、垢がたまり悪臭の原因となるでしょう。

陰部を洗う際には、外陰部を中心に優しく丁寧に洗い、垢を取り除くようにしましょう。女性の場合には膣内は、ぬるま湯で丁寧に洗うようにしましょう。ボディソープを使用して過度に洗い過ぎてしまうと。反対に陰部の状態を悪くする可能性があるので、膣内にはボディソープの使用はやめましょう。また食生活が原因だと思われる人は食生活の改善をしたり、汗をかく人はこまめに拭くようにしましょう。そして日ごろからすそわきがの原因と対策についてしっかりと考えて、意識していくと良いでしょう。

チチガとは?

乳首の臭いが気になる場合には、チチガの可能性があります。チチガの原因と対策としては、ワキガと同じように強い臭いを発するチチガはアポクリン腺が多いことにより、汗をかくことで雑菌が繁殖しやすい状態を作り出してしまうことが原因につながります。

親がチチガの場合には、子供も遺伝的チチガの可能性が高くなりますが、必ずしも親がチチガだからといって子供がチチガになるとは限りません。
対策としては、汗をできるだけかかないようにするために下着やシャツなどに関してあまり蒸れないような素材のものを着用することもポイントの一つです。

汗をかき肌が蒸れることにより、肌で雑菌が繁殖しやすくなり肌荒れや体臭の原因になることがあります。できるだけ肌を蒸れさせないように対策をすることで、チチガ対策をしていきましょう。肌をできるだけ清潔に保つためにも、外出から帰宅したらすぐに汗や肌に付着した汚れをシャワーなどで洗い流すことも大切です。

また、食生活を改善することも重要です。偏食などをしている場合には、体に対して栄養不足になりがちです。特に体臭に影響するのは、肉類など動物性たんぱく質を多く含む食事です。そのため、極端に脂分の多い肉を中心とした食生活を続けている場合、脂質や塩分をある程度控えるように心がけ、栄養バランスのとれた食事ができるように食生活を見直し改善していくことが重要です。

肉類に限らず偏食を続けていると栄養不足の状態が続いてしまうため、体調不良にもなりやすい傾向があります。チチガや体臭対策としてだけでなく、自分の体の健康維持をするためにも、食生活を一度見直してみること、バランスよくさまざまな食材から栄養を取ることができるように食生活を改善していくことが重要です。

ワキガの原因と対策は?

ワキガは、清潔にしていてもこまめに汗を拭きとったり制汗剤を使用していても、独特の臭いが発生してしまいます。ワキガの原因は何であり、どのような対策方法があるでしょうか。

体にはアポクリン腺とエクリン腺という2種類の汗腺が存在します。このうちエクリン腺から出る汗はほぼ水分ですが、アポクリン腺から出る汗にはたんぱく質や脂質、糖質などが含まれいます。皮膚の常在菌がこのアポクリン腺の汗を分解すると、独特の臭いが発生します。これがワキガ臭です。ここに皮脂が混ざるとさらに臭いが強くなり、エクリン腺から出る汗が蒸発する際に、ワキガ臭を拡散させてしまうと言われています。汗と雑菌がワキガ原因です。

効果的なワキガ対策のためには、汗と雑菌を適切にケアすることが必要となります。汗対策として制汗剤がありますが、これは殺菌効果がありませんので、ワキガ対策としてはあまり効果がありません。おすすめはワキガ専用クリームです。汗を抑え、殺菌作用や抑臭作用があります。

また、汗をかいたらすぐにふきとり、使い捨ての脇汗パッドを使用して、こまめに取り換えることも効果的です。この時注意したいのが、汗をごしごしと力を入れてふき取らないこと。刺激でさらに汗をかいてしまったり、必要以上に水分を吸い取ってしまい、結果として過剰な皮脂の分泌を招いたりします。皮脂が混ざるとワキガ臭はきつくなりますので逆効果です。濡らしてかたく絞ったタオルでとんとんと抑えるようにして優しくふき取るといいでしょう。

また、消臭効果の高いボディソープで毎日しっかり洗うことも大切です。洗うときも、ごしごしこすらず、よくたてた泡で優しく洗いましょう。また洗った後はしっかりと保湿しておきましょう。

食生活で臭いがきつくなることがあるので、にんにくやにら、揚げ物など、臭いのきつい食品や油脂分の多い食べものは控え、野菜中心にするのも効果があります。

ワキガ対策には生活習慣の改善が必要

生活習慣が悪いと、あらゆる病気になります。バランスのよい食事、適度な運動、快適な睡眠が必要なことはもちろん、タバコや飲酒によっても身体に悪影響があります。体質によりますが、ワキガを起こしてしまうこともあります。

誰でもきついワキガの臭いをかいでしまいますと、気分が悪くなるものです。自覚をしている人ならば良いのですが、全くご自身のワキガに気付いていない人もいます。ワキガ対策、生活習慣は切っては切れない関係にあると理解すべきです。

ワキガは、簡単に言いますと、アポクリン汗腺と雑菌が混ざることによって生ずるものだと理解してください。汗腺ですから、汗をかくことがいけないと思いがちですが、そうではありません。運動をして健康的に汗をかく場合には、異臭はしないものです。

しかし、ストレスを抱え、栄養バランスに偏りがある場合に、ワキガという異臭を放ってしまうのです。汗ならば、すぐにシャワーを浴びて体表面を清潔にすれば良いと勘違いする人もいますが、体内に汚物が含有されているような状態では、汗を完全に拭い去ることはできません。

ですから、ワキガを自覚している人は、規則正しい生活習慣を身に着けることが一番の対策です。脂を大量に含有している食品は食べない方が良い、刺激物などの摂取も控えるべきだと言われています。

また、やはり体を常に清潔に保つことも必要です。汗かきの人は、シャワーを浴びる習慣をつけることも必要ですし、雑菌が貯まりやすいワキの毛が多い人は、ワキ毛の処理をすることなども重要です。極力、ご自身の生活習慣を改めてもワキガが亡くならない場合には、専用のクリームなどを利用することもよろしいです。ワキガは、本当に何とも言えない悪臭です。ご自身のためにも、周囲の人のためにもできる対策はしっかりとるべきです。

ワキガ対策には、食生活にも注意する

ワキガではなくても前の日に臭いのきつい食べ物を食べると大衆が臭くなるという経験がある人も多いのではないでしょうか。食生活というのは体質に密着しているものなので、食べるものによって臭いがきつくなったり、逆に弱くなったりすることがあります。
ワキガ対策、食生活に注意することで症状を緩和することもできます。

まずどういった食べ物が臭いをきつくしてしまうのかを知っておくと、ワキガ対策、食生活で何を食べないほうがいいのかがわかります。

日本人は魚や野菜といった食材を利用した和食が中心の食生活でした。それが欧米化することによって肉食が増えてきたわけですが、この肉食が大衆をきつくする原因の一つになっているのです。

特に赤身の肉は腸内で消化されるまでに時間がかかってしまいます。しかもすべてを消化することができなくて残留物として残ってしまうものがあるのです。

さらに赤身の肉に多い動物性のたんぱく質も消化に時間がかかるものなので、残留物や消火に時間がかかる動物性たんぱく質のせいで便秘になりやすくなってしまいます。

便秘になると腸内の環境が悪くなってしまい、うまく老廃物を排出することができなくなってしまい、腸に残っているこれらの物質が有害なガスや悪玉菌を増やしてしまうのです。これらの老廃物が血液中に溶けだしてしまい、ワキガなどの臭いをきつくしてしまう原因になります。

乳製品も同様で、たんぱく質や脂質がワキガの臭いの原因であるアポクリン汗腺を刺激してしまう原因の一つです。

臭いを弱くするのによいのは梅干しやひじき、わかめなどのアルカリ性の食品です。ミネラルが豊富に含まれている食品は血液の酸化を防いでくれるのでワキガ対策、食生活に効果的です。

子供のワキガ対策

子供のワキガには、親がにおい対策や食事などの管理をしっかり行うことが大切です。

子供は純粋で思ったことを正直に言ってしまいがちです。大切なお子さんが傷つかないよう子供ワキガ対策をしましょう。ワキガは食事で軽減することが可能です。脂っこいものや肉類は、ワキガのにおいを強くさせてしまう可能性があるので注意しましょう。海外にワキガの人が多いのは、この食事が主な原因です。反対に、魚や野菜を中心とした和食は、体質改善やにおい軽減の効果が期待できます。和食中心の食生活が、子供のワキガ対策に繋がります。

又、ストレスやイライラもワキガのにおいを強くしてしまう要因です。悩んでいたり、ストレスを抱えている様子が見受けられたら、さりげなく話を聞いてあげることも大切です。

即効性のあるワキガ対策は、こまめに汗を拭きとることと、制汗剤の使用です。ワキガは、アポクリン線という汗腺が原因です。アポクリン線は誰にでもある汗腺ですが、通常よりも多くアポクリン線があることでワキガ独特のにおいを発します。アポクリン線から出る汗は始めは無臭ですが、細菌が繁殖することでにおいが出始めます。

その為、汗をかいた早い段階で汗を拭きとることで、においを防止することが出来ます。さらに、清潔な乾いた状態の脇に制汗剤を使用することで、よりにおいを抑制することが可能です。制汗剤は、汗をかく前に使用することで効果を発揮します。汗をかいた後に使用する場合には、脇を洗うか汗を拭き取ってから使用するように教えてあげましょう。

入浴時には、脇を丁寧に洗うようにします。汗腺に皮脂が溜まっていると、においを悪化させてしまう可能性があります。強くこすると黒ずみの原因にもなりますので、優しく丁寧に洗うことが大切です。又、湯船につかって身体の毛穴を開かせてから洗うことで、より綺麗に洗うことが出来ます。

普段の生活習慣に気を付けて、子供ワキガ対策をしましょう。

ミョウバン水はワキガ対策に効果あるの?

ワキガ対策には制汗剤やわきが対策クリームを使用して、汗の分泌を抑えて乾燥を促し、消臭成分でニオイ対策を行うのが一般的ですが、ワキガ対策、ミョウバン水を活用するのも効果的です。

ミョウバンを使用する場面としては、ナスの漬物を作るときに色落ちを防止するために使用する白い結晶です。あく抜きや煮崩れを防止するための添加物として、古くから使用されていますが、消臭用に利用されても歴史を有している物質です。

それではミョウバンはどのようなメカニズムで消臭に効果を発揮するのでしょうか。臭いのもとになる細菌が好むのはアルカリ性の環境です。ミョウバンは酸性を示します。そこで皮膚の表面にミョウバンを塗ることで細菌の嫌う酸性の条件が整うことで細菌の増殖を抑制することができます。

さらにミョウバンには抗菌作用だけでなく殺菌作用もあるため、結果的に臭いの軽減にも役立ちます。またミョウバンには化粧水にも含まれるなど、高い引き締め作用があり、制汗作用にも優れると言われています。

とりわけワキガ症状にとって嬉しいのは、ミョウバンが臭いそのものを消す、消臭作用に優れていることです。ワキガ対策、ミョウバン水は古典的な方法でありながら、現在でも通用する有力なワキガ対策方法であると評価できます。

オドレミンはワキガ対策に効果あるの?

病院に行けば酸化アルミニウム液を処方してもらう事ができます。これを使えば多汗の改善が出来るのでワキガ対策に持ってこいです。実は病院に行かなくてもデオドラントグッズとして売られているオドレミンを使えば対策が可能となっています。

オドレミン、ワキガ対策として知られている商品であって、日邦薬品販売をしているのです。多汗症の方の治療に使われている酸化アルミニウムを含んでいるため、過剰に出てしまう汗を抑制できます。使い方は塗ってすぐに動かずそのままじっとしておくのです。また3滴ほど使い脇の下側につけます。

汗の量によって使用するオドレミンの量も変更しましょう。汗腺を物理的に塞ぐものなので皮膚への刺激が少し強めになっています。肌の弱い方は使用する前にパッチテストを行い使えるかどうか確認すると良いです。

頻繁に塗らなくても一度使用すれば1日から長くても4日ほど効果が持続します。効果が薄まっていない状態で再度使用しても効能に違いはないです。基本的にオドレミンは根本を解消するものではなく一時的に抑制する商品となっています。夏場といった暑い時期に脇汗が気になるのなら使うのが良いです。

ワキガも皮膚を引き締めて塞いでくれるので一時的に臭いを抑えてくれます。時期を限定すれば使い勝手の良い商品なのでオススメといえるでしょう。ちなみに購入する時はドラッグストアでも販売しています。ドラッグストアにない場合は日邦薬品の公式ホームページから取扱店舗を検索可能です。インターネットショッピングを利用すると簡単に購入できます。

ワキガ原因、対策方法などをまとめてみました。結論から言いますと、まずは上記のように生活習慣を改善しつつも、ワキガ対策クリームなどの商品も試してみて、効果が期待できない場合や根本的に治療したい場合は、病院に相談する方法がおすすめです。